旦那が子猫を拾って来ました。うちはペット禁止のアパートなのに。
猫 1-1
ある日、旦那さんが、海から猫を連れて帰って来ました。
一緒にいた人達が皆「ウチは賃貸で飼えないから」と言うから、連れて来たと言う。
でも、ウチも賃貸だ。
どうも、この人は猫を拾いやすい。
猫 1-2
「ウチも賃貸。ペット禁止」
「うん、知ってる」
猫 1-3
バレたら、どうするの?
引越し代は?敷金・礼金・仲介手数料は?40万円は必要よ。
猫 1-4
「そん時は、引っ越す。」
「覚悟は出来てるのね?お金、払うのね?」
猫 1-5
そん時は早かった。
猫 1-6
「不動産屋です。猫を飼っていますね。近所の住民から通報が入りました」
近所の住民と言うだけで、同じアパートの人なのか、当然、通報者が誰かは、わかりません。


猫 1-7

猫を手放すか、アパートを出て行くか。すぐ決めてください。
土曜の夕方の電話でした。ついに来ました。

猫 1-8

「出て行きまーす。」
わかっていましたが、実際に突き付けられると、メンタルに来ます。
失う金額が大き過ぎて。




ダンナさんが子猫を拾ってきました。ペット禁止アパートです。このまま住み続けれたら良かったのですが、引越しとなれば、40万円はかかります。拾って時間が経つと「このまま住み続けられるんじゃないか?」と正常バイアスが働きます。しかし甘くはありません。

近隣住民から不動産屋さんへ「猫を飼っている人がいます」と通報が入りました。「猫を手放すか、出て行くか、決めてください」と通告がありました。出て行くことになりました。頭の中で札束が降りました。PVアクセスランキング にほんブログ村




ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村     人気ブログランキング






過去の漫画リスト
1~27話 家探し編
サイトマップ 1軒目 家探


28~34話 ペット禁止アパート退去編
サイトマップ ペット禁止物


35話~ 住んでみた・庭の謎の巨木編(更新中)
サイトマップ 住む-旧日本建




漫画を最初から読む・第1話⇩




sponsored links