猫物件の大家さんが猫への理解があっても、猫を飼えるとは限りません。
元々、猫を飼っていた家は、猫物件にしても問題がないのですが、ダメな場合も。
猫 15-1

猫に理解のある大家さんもいます。自身も猫を飼っていたり、猫好きだったり。
でも、猫を飼えるとは限りません。

猫 15-2

元々、大家さんが猫を飼っていた家を借家にする場合でも。

猫 15-3

私はね、別にいいんだよ。猫を飼ってくれても、私自身が、あの家で猫を飼っていたから。でもね、ご近所さんが嫌がるんだよ。

猫 15-4

「猫を飼っている人って、すぐ増えるでしょ。近所に猫屋敷が出来たら嫌だわ。」
「ウチの庭でフンをされると、臭くて困るのよね」


猫 15-5

長年、お世話になった御近所さんに迷惑を、かけられないんだよ。

猫 15-6
猫 15-7

あ~あ~、今回の借家は大丈夫ですよ。

猫 15-8

大家さんは大の猫好きで、
ペットを飼っている住人が多い地域で、ペットに理解のあるエリアです。




借家の大家さんで、長年その地域に住み、近所付き合いが親密な場合、
近所の住民への影響を考慮して、猫不可になったりします。
この時,候補にあったのが、元々猫を飼っていた大家さんの借家。
不動産屋さんが電話をして「猫を飼えないか?」と相談してくれました。
しかし「近所の迷惑を考えると猫は許可できない。ウチは飼ってもらってもいいけど、近所の反対があるから」と駄目だった借家がありました。こちらも素敵な庭のある大きな古い邸宅でした。
嫌がられるのが猫屋敷可。多頭飼育崩壊です。
他に、外飼い・放し飼いをされて、近所の庭を荒らす、近所の庭にフンをするなど。PVアクセスランキング にほんブログ村



ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村     人気ブログランキング
過去の漫画リスト
1~27話 家探し編
サイトマップ 1軒目 家探


28~34話 ペット禁止アパート退去編
サイトマップ ペット禁止物


35話~ 住んでみた・庭の謎の巨木編(更新中)
サイトマップ 住む-旧日本建




漫画を最初から読む・第1話⇩




sponsored links