消臭・動物の臭覚で思い出したので、本編には関係ないですが、
綱の外れた狩猟犬が猫を襲いに来てしまった漫画を描きます。

猫 補足 番外編 34-1
忠犬ポインター君、メッチャ賢い。
猫 補足 番外編 34-2
でも、狩猟本能に負けてしまう。色んな意味で猫大好き。
猫 補足 番外編 34-3
こらっ、待て!。
本能に負けて、走り出してしまう。
猫 補足 番外編 34-4
突然、狩猟犬が現れました。音もなく、そこにいた。肉食動物・ハンターが現れるのは、こんな感じらしいですが。いたことに気づかないと言いますが、正にソレ。人に慣れているとはいえ、狩猟犬。

猫 補足 番外編 34-5
逃げてー!
猫 補足 番外編 34-6
垣根を、くぐりぬけて、セーフ。
猫 補足 番外編 34-7
すいません、大丈夫ですか?
猫 補足 番外編 34-8
「あなたの猫は?」
「逃がしましたから大丈夫です。無事です。すぐに見つかりますよ。」
人には優しい、ポインター君



よく訓練された狩猟犬でしたが、小動物には臭いで反応し、突然、目の前に狩猟犬が現れました。猛スピードで音もなく近づきます。
猫は小さいので、障害物をくぐり、すぐに逃げました。原野を走れば捕まるのでしょうが。
小動物が森で生活する理由がわかります。1つでも障害物を超えれば、犬は止まります。
近所には放し飼いの猫もいますが、猟犬に襲われた話は聞きません。PVアクセスランキング にほんブログ村




ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村     人気ブログランキング
過去の漫画リスト
1~27話 家探し編
サイトマップ 1軒目 家探


28~34話 ペット禁止アパート退去編
サイトマップ ペット禁止物


35話~ 住んでみた・庭の謎の巨木編(更新中)
サイトマップ 住む-旧日本建




漫画を最初から読む・第1話⇩




sponsored links