猫物件の庭の謎の巨木。住民が住み変わる借家の特性上、継続的に観察する人がなく、巨木化するまで誰も気づかない。巨大化する前は、普通の木であり続ける。大型犬のようなもの。かわいいと思っていたら、あっという間に大型に。
猫 34-1
「不動産屋さんに電話・電話」
放置すれば隣家を破壊するレベルの山の木が庭に生え、真夏の光を浴びて、成長していた。
猫 34-2
庭の大きな木を切って欲しいのですが
猫 34-3
「庭木の剪定は、借り主の責任です。自分で切ってください」
大きな木のニュアンスが伝わらない。屋根を超える木など想像しない。
不動産屋さんの脳裏には、ノコギリと脚立で切れる木が浮かんでいるに違いない。


猫 34-4
庭木の剪定は借り主の義務です。
高枝切りばさみ・脚立・電動草刈り機・借家では予想外の出費があります。
マンション・アパートの庭木は共有スペースのため管理会社が行いますが、借家は庭の手入れは借家人の義務です。
猫 34-5
立派な庭の借家では稀に。
猫 34-6
プロの庭師さんの剪定が必要で。
猫 34-7
不動産屋の契約事項に、(年2回程度)業者の専門的な剪定が義務付けられている物件もあります。
猫 34-8
借家人が費用を負担する契約を結ぶ物件もあります。
マレです。大半は借家人が自分で適当に切ります。
庭師さんに依頼するのは、お屋敷クラスの家の話です。



借家は、庭木の剪定は借り主の義務とされます。特に猫物件は、長年、大家さんが住んだ家を貸し出すので、こだわりの庭があったりします。
植物を植えて何年も経過しているので、巨大化した草花、登らなければ伐採できない大型樹木もあります。剪定費用は借り主負担ですが、常識を逸脱した大型樹木は大家さんの料金負担もありました。垣根は年2回、自分で刈り込みます。

切っても切っても、1年で元の大きさに戻る木は、雑木の可能性大です。普通、そんな木は植えません。PVアクセスランキング にほんブログ村



ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村     人気ブログランキング
過去の漫画リスト
1~27話 家探し編
サイトマップ 1軒目 家探


28~34話 ペット禁止アパート退去編
サイトマップ ペット禁止物


35話~ 住んでみた・庭の謎の巨木編(更新中)
サイトマップ 住む-旧日本建




漫画を最初から読む・第1話⇩




sponsored links