ブログを訪問してくださり、ありがとうございます。
今回は2個目の巨木の、お話です。その借家は雑草に覆われていました。不動産屋さんと内見です。
猫 38補足-1-1
不動産屋さん「この家でーす」。
とある猫物件の内見に来ました。何ヶ月も空家状態で、雑草が背丈まで伸びていました。
まさか雑草の奥に巨木が隠れていようとは。
猫 38補足-1-2
「入居日までには、草刈りを、しておきますので」
「そりゃあもう、ぜひ」
雑草・鬱蒼。
猫 38補足-1-3
「空き家期間が6か月以上ありましてね」
「そんな感じに雑草に呑まれてますね」
猫 38補足-1-4
「草刈りは有料なので、いつ借り手が付くかわからないのに、定期的にやる訳にはいかないのです。入居直前にハウスクリーニングと一緒にやります」。
「うん、そだね」



猫 38補足-1-5
「わあ、素敵なお庭だね」
引越し日、雑草を刈った中から、大家さん自慢の庭が出て来ました。
シンボルツリー・垣根・門のミニ花壇。
そして・・・【?】。
猫 38補足-1-6
この大きな木は何だろう?
猫 38補足-1-7
「あっ、この葉、ビワの葉だ」
「本当だ、ビワの葉だ」。
違います。ビワに似た葉です。
猫 38補足-1-8
「びわ、食べ放題だね。食費が浮くわー」
「この大きさの木なら、大量にビワを収穫できるぞ~」
ハッハッハ、ハッハッハ。
安全バイアス、作動中。
猫 38補足-1-9
「楽しみだね~、ビワ。」
「友達に配ろー」
気付くべきでした。この高さの木にビワがなっても、手が届かず収穫できない事に。
ビワにソックリな巨木です。



借り手がつかず、空き家状態が長い賃貸物件、庭は雑草だらけで草原のよう。人の侵入を草が拒みます。何か月も人が足を踏み入れた事がない場所で、巨木がスクスク成長していました。
葉っぱがビワそっくりでした。誰もがビワだと信じました。PVアクセスランキング にほんブログ村




ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村     人気ブログランキング
過去の漫画リスト
1~27話 家探し編
サイトマップ 1軒目 家探


28~34話 ペット禁止アパート退去編
サイトマップ ペット禁止物


35話~ 住んでみた・庭の謎の巨木編(更新中)
サイトマップ 住む-旧日本建




漫画を最初から読む・第1話⇩




sponsored links