もやしことこの絵日記ブログ

猫の飼える賃貸一戸建て(猫物件)に住んだ体験を漫画で描いています。

タグ:絵日記漫画

賃貸で、転勤もあるのに、猫を拾いました。追い出され、賃貸一戸建てに転居しました。猫物件は少なく、家探しは、困難です。猫、拾ったー。ペット禁止のアパートなのに?転勤があるのに?実は、猫物件は、ありそうに見えて、全然ありません。引っ越し先が、ないですな。ワン ...

古い借家で、修理業者が入る事になった。初めて、汚い居間に、他人が入る。清潔です。寒さで、居間に家財道具が集結しているだけです。うーん別にいいか、このままでも。慣れとは、怖いものである。こんにちはー。修繕業者の者です。おじゃまします。ぐっちゃ~。?。あ~ぁ ...

冬に、暖かい部屋が、一室しかなく、家財道具が集まり、雑多になる。寒さ故の必然だが、見た目は悪い。見せれんなー、この雑多な部屋。ほぼ、物置状態だからね。見られたら、君の評判は、地に落ちるだろうね。ギャップがね。寒さのせいだから、私、悪くないから。絶対に、見 ...

猫物件の借家が寒く、寝る時も起きてる時もダウンを着ていたら、いつも、きちんとした服装をしている人と勘違いされ、えー!もう起きてるんですか?しかも、ちゃんと服まで着て。早起きですねー。すごいですねー。絶対、寝てると、思ったのに。アハハ、いやあ、それほどでも ...

古い猫物件は寒く、夜、ダウンを着て寝る様になった。パジャマでは、寒いのである。早朝・来客が来た。服を着て寝てて、助かった。朝。ピーンポーン(チャイムの呼び出し音)。がバッ(起きる)。寒さ対策で、ダウンジャケットで、寝ている。誰だろう?こんな朝、早く。ごめ ...

古い日本建築の冬は、悲しいほどに寒い。何とかして寒さから逃げられないか?生活様式が変化する。生活様式は気候が作り出す。暖かく寝る、良い方法を思いついたのだよ。嫌な予感しか、しませんが。ふっふっふ。ダウンを着て寝れば、いいのである。いやぴょーん。ダウンは、 ...

そもそも寝室って何?空いてる部屋の、どれかを使うに過ぎない。居間でも良いではないか?居間しか、暖かい空間が無いのだから。この暖かい居間に、布団を持ってきて寝るのは、どう?こたつに足を突っ込んで、夢のようだわ。確かに!寒い寝室で、ムリに寝る必要はない。どう ...

巨木の伐採作業が始まりました。普通のトラックの荷台に、クレーン付き。クレーンの先に、人の乗るカゴや、ロープを付け替えて作業します。クレーンの先に、人が乗れるカゴ(ゴンドラ)を吊るす。これで上部の作業をする。こういった作業。アシスタントさんが、落ちた枝を回 ...

ブログを訪問してくださり、ありがとうございます。今回は2個目の巨木の、お話です。その借家は雑草に覆われていました。不動産屋さんと内見です。不動産屋さん「この家でーす」。とある猫物件の内見に来ました。何ヶ月も空家状態で、雑草が背丈まで伸びていました。まさか雑 ...

猫物件の庭の巨木の伐採・処理が終わりました。ご近所さんも大喜びです。我が家を含む4件の家の屋根の上に枝を広げていたので。でも、全員がハッピーではありません。1名が・・・でも・・・大家さんは激怒していたそうです。誰かが伐採費用を支払います。「なぜ私が?」大 ...

猫物件の庭の巨木の伐採が終わり、庭に切り株が残りました。根こそぎ撤去すると思っていたのですが、大木の根の撤去は伐採とは比較にならないほど大変らしい。庭に切り株?切り株は、このままでいいですよ。上物を伐採すれば、光合成ができないので、これ以上、成長しません ...

猫物件の戸建ての庭に屋根を超える謎の巨木が出現しました。素人の手におえる物ではなく、不動産屋さんが、やってきます。猫物件を仲介してくれた不動産屋さんです。「お久しぶりです」。不動産屋さんの登場する話はこちら 第6話。これは、すごいこの家に引っ越して、間がな ...

庭木の剪定は借り主の義務です。巨木の伐採を依頼すると不動産屋さんは、そう答えます。2階の屋根を超える巨木が住宅にあるとは、普通は考えません。私達には家賃が高くて借りれませんでしたが、庭木の剪定代が自腹の借家がありました。旧家です。剪定代18000円の借家があり ...

猫物件の庭の謎の巨木。住民が住み変わる借家の特性上、継続的に観察する人がなく、巨木化するまで誰も気づかない。巨大化する前は、普通の木であり続ける。大型犬のようなもの。かわいいと思っていたら、あっという間に大型に。「不動産屋さんに電話・電話」放置すれば隣家 ...


sponsored links

↑このページのトップヘ